2年前、群馬で新築をしました。

12年前、結婚してすぐにひとり息子に恵まれましたが、
お互い結婚が遅かったので、子供はこの子だけを大切に育てていこうと決めました。

結婚当初は賃貸アパートに暮らしていましたが、
両親から、資産を持つという意味でも持ち家を所有したら?と度々言われていました。
その時は正直どちらでも良く、気ままな独身生活が長かったので、
借金を背負うことにあまり良いイメージが持てなかったこともあり、
ハイハイと聞き流してしばらく過ごしていました。

その後息子も小学校に入り、高学年に差し掛かった頃。
自分の部屋が欲しいと言うようになりました。
居間の隅に学習机を置いて、寝室は未だに親と一緒。
当然そういう時期ですよね。

今更?という思いもありましたが、夫の会社の先輩から
「子供が少しでも小さくて家に長くいる時に家を建てた方が、子供も喜ぶよ。」
というアドバイスを頂き、決心しました。
こういう時はもう流れに任せて動いた方が良いものなんですね。
校区内に小さいけれど土地も見つかり、一気に計画が進みました。

とはいえ、近くに大学もなく、あと10年もすれば巣立つのが確実な息子です。
家族会議の結果、平屋+ロフトの屋根裏部屋の間取りに決めました。

【関連ページ】平屋の中二階のデメリットをメリットに改善?

やっぱり男の子ですね。
秘密基地のような特別な空間がむしろ良かったようです。
お友達もうらやましがって、それがとても嬉しかったみたい。
学習机はリビングに残して、主に寝るスペースとして使用しています。
ゆくゆくは収納スペースにもなりますし、
夫は今度は自分の趣味の部屋にしようと、早くも狙っています(笑)

ある程度の年齢になってから新築したので、頭金もあり、
思いのほか安くローンを組むことが出来ました。
決心して良かったです。


この記載のあるコラム記事は(一部のページを除き)、当社で建てたお客様ではない(全国の不特定多数の人から)体験談やアンケートを募集し、 これから注文住宅を建てる人にお役立ちアドバイスとして当ページで公開をしておりますページが多く含まれます。不特定多数の個人の感想や情報ですので、合法性、正確性、道徳性、最新性、適切性、著作権の許諾や有無など、その内容については一切の保証を致しません。また、イメージするためのイラストも掲載する記事がありますが、このイラストは正確なイメージではなく、書いていただいた文章を見て何となくイメージしたイラストになりますので構造的なイメージなど正確に再現したイラストではありません。当サイトの御利用で、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとしますので自己責任でご覧ください。

※ 当サイト内の画像・写真その他すべての無断使用、無断転載、転用を固く禁じます。