上の子が小学校に入る前にはマイホームを・・・。
かねてからの夢を、ついに叶えることが出来ました。

贅沢かなと思いましたし、二階はあった方が良いとのアドバイスも頂きましたが、
最終的には、憧れだった平屋建てのプランを採用することにしました。

まだ暮らし始めて1ヶ月ですが、大正解!


キッチンから子供部屋が視界に入るような間取りで、
子供たちの様子を見ながら晩御飯の支度が出来るのがありがたいです。
家族の気配が感じられる温かみのある家になりました。

実家はよくあるタイプの建売住宅で、一階は居間と続きの和室。
二階は主寝室と子供部屋という間取りでした。

私も巣立って、現在は両親2人暮らしになりましたが、
子供部屋はほぼ、物置と化してしまっています。

本当は元気なうちに整理をして欲しいと内心思っていますが、
スペースがあるだけにそういう気持ちも起こらないようで。
昔の衣装ケースや使わないスキー板や釣り道具などの
趣味用品が山積みになっています。

年と共に階段の上り下りも億劫になってきたようで、
今はもう主寝室も使わずに一階の和室に布団を敷いて寝ているようです。
階段も狭くて急なので、遠方に住む身としては心配でした。

年に1,2回私達が泊めてもらう時には主寝室を借りていますが、
客間を作るほどお客様の多い家でもないので、もったいないな。
とずっと思っていました。

自分が家を建てる時には平屋建てにしたいなぁと漠然と思ってきましたが、
その夢が形になった今、満足感でいっぱいです。

これからこの家で、家族の思い出を沢山作っていきたいです。

【関連ページ】「安い平屋」は狭い?長建産業の考える、平屋スタイル+αの生活


この記載のあるコラム記事は(一部のページを除き)、当社で建てたお客様ではない(全国の不特定多数の人から)体験談やアンケートを募集し、 これから注文住宅を建てる人にお役立ちアドバイスとして当ページで公開をしておりますページが多く含まれます。不特定多数の個人の感想や情報ですので、合法性、正確性、道徳性、最新性、適切性、著作権の許諾や有無など、その内容については一切の保証を致しません。また、イメージするためのイラストも掲載する記事がありますが、このイラストは正確なイメージではなく、書いていただいた文章を見て何となくイメージしたイラストになりますので構造的なイメージなど正確に再現したイラストではありません。当サイトの御利用で、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとしますので自己責任でご覧ください。

※ 当サイト内の画像・写真その他すべての無断使用、無断転載、転用を固く禁じます。