最近、注文住宅のプランニング業界では注文住宅のコンセプトとしてお子様の住みやすさを重視したプランも多く存在致しますので、今回はその一例をご紹介いたします。

幼少期~小学校中学年程度までのお子様の勉強スタイル

これは基本的にお子様の集中力が続かない場合が多いので、両親の目の届くところで勉強するスタイルが多く取られております。

ダイニングテーブルの一角を勉強机にできるように造作に細工を施したり、リビングの壁の一角をホワイトボードにしてお子様が自由に絵描きができるようにすることもできます。

小学校高学年~高校生程度までのお子様の勉強スタイル

お子様が大きくなってくると勉強する絶対量も増えて、中学受験や高校受験などで比較的静かな空間で勉学に励みたいところです。

こんな時におすすめなのはご主人の書斎をお子様の勉強部屋にする方法です。

そうすると、両者のプライバシーがなくなるのではないかと思いがちですが、
造作家具やパーテーションで書斎空間を2つに隔てて使うことで、お互いの存在を気にすることなく作業ができます。

最近の注文住宅ではお子様との触れ合う時間ができるだけ多く作りたいというニーズがある為、
ある種閉鎖的な子供部屋に持たせる生活機能を最小限にしようとする動きが見られます。

こういったお子様の為の注文住宅ならではのアイディアを練って、それが形になるのは非常に幸せなことですね。

子供教育を考えた注文住宅一覧

リビングに勉強できるスペース
子沢山希望のため、一人一人の部屋を確保出来ないとゆう理由もあり、リビングに勉強できるスペースとして勉強机を取り付けてもらいました。...
子供部屋のあり方とは?
ならばと建築会社の方から、「幼少期は2部屋分の大きな部屋にしておいて、子供が大きくなったら部屋を分けるのはどうか」という提案があり、私と妻の意見の両方を汲んだ...
お子様の頭がよくなりやすい?
今回は、注文住宅のコンセプトを絞りに絞ってずばり、「お子様の頭が良くなりやすい注文住宅」です。これから注文住宅を建てようと計画する方は自分のお子様の子供部屋...
子供部屋のあり方とは?
玄関といえば一般的には靴が収納してあり、一度に3人程度靴の着脱ができればいいようなスペースと考えられがちです。しかし、お子様がいる場合、ぜひ玄関に洗面所を...
「子供のために」我が家の理想
異性の2人だったので、独立した部屋にしましたが、全く同じ大きさで平等に作りました。将来喧嘩になったりひがんだりしないよう、精一杯の気遣いです。でも部屋自体は5畳プラス。...
子供部屋を作る際に我が家がこだわった点
群馬県在住の私たちが家を持とう、と考え始めたのは5年ほど前のことでした。住宅展示場や各社の完成見学会、中古や建売の家も何棟もみましたが、結局のところ、自分の希望を...
子供部屋のこだわり
だから不便で早く出てきたくなる部屋、なんて言うとちょっと違うけど、基本的には勉強机とベッドだけで十分だと思っています。収納は充実させましたが、床面積は5畳ちょっと。テレビの...
子育てのための理想の家
平屋の家で、リビングルームのすぐ隣に子供部屋があって、家中どこに行くにもリビングルームを通らないと行けないようにしておけば、自然とコミュニケーションが生まれるので...
注文住宅で子供部屋を作る注意!
子供も小学校4年くらいまでは、自分の部屋を使わず親と同じ部屋で寝ていましたが、小学生高学年になってくると、自分の部屋を使いたくなります。この頃気付いたのが...
子供のためには、こんな部屋がいい!
どんなテイストかと言いますと、家自体はナチュラルな木の家で和洋折衷、何にでも合う家ですが、娘の部屋はアメリカのニューイングランド地方にあるような、ぬくもりのある部屋に...


この記載のあるコラム記事は(一部のページを除き)、当社で建てたお客様ではない(全国の不特定多数の人から)体験談やアンケートを募集し、 これから注文住宅を建てる人にお役立ちアドバイスとして当ページで公開をしておりますページが多く含まれます。不特定多数の個人の感想や情報ですので、合法性、正確性、道徳性、最新性、適切性、著作権の許諾や有無など、その内容については一切の保証を致しません。また、イメージするためのイラストも掲載する記事がありますが、このイラストは正確なイメージではなく、書いていただいた文章を見て何となくイメージしたイラストになりますので構造的なイメージなど正確に再現したイラストではありません。当サイトの御利用で、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとしますので自己責任でご覧ください。

※ 当サイト内の画像・写真その他すべての無断使用、無断転載、転用を固く禁じます。