田んぼが土地の場合の手続きは?

私は家を建てる為にと親から土地を譲り受けました。

「200坪の田んぼ」です。

新たな土地に家を建てようとした時に、すでに造成された土地であれば良いのですが、親から譲り受けた田や畑に家を建てる場合も多々あると思います。

そんな方に私の経験談をお伝え出来ればと思います。

 

様々な手続きや段階を経る必要があります。

—————————————————–

  1. どんな田んぼなのか?(調整区域か否か)
  2. 地域の農業組合などの同意
  3. 土地開発の申請・許可
  4. 測量・分泌
  5. 農地転用して地目の変更
  6. 土地の造成

—————————————————–

などなど、これ以外にも沢山の手続きや書類が必要となりました。

私の場合は、行政書士さんへの依頼や、市役所や各関係先への手続きなど全てを私と父で行った為、書類関係だけで1年以上の時間を要し、土地の造成まで含めると2年近くの時間を要しました。

しかも予想を大幅に超える費用も掛りました。

家を建ててくれる業者さんをもっと早い段階で決めていれば、このような手続きや書類作成などを請け負ってくれたのかもしれませんが、自分自身で手続きをしなければならない書類も多々あり、家を建てるまでのハードルが随分高かったように感じます。

同じ境遇の方が見えると思いますが、例えばお子さんの入学に合わせて家を建てたい、お子さんの出産に合わせて家を建てたい等とお考えの方は、家を建てるのは先だとしても、事前に準備を始めておくと良いと思います。


この記載のあるコラム記事は(一部のページを除き)、当社で建てたお客様ではない(全国の不特定多数の人から)体験談やアンケートを募集し、 これから注文住宅を建てる人にお役立ちアドバイスとして当ページで公開をしておりますページが多く含まれます。不特定多数の個人の感想や情報ですので、合法性、正確性、道徳性、最新性、適切性、著作権の許諾や有無など、その内容については一切の保証を致しません。また、イメージするためのイラストも掲載する記事がありますが、このイラストは正確なイメージではなく、書いていただいた文章を見て何となくイメージしたイラストになりますので構造的なイメージなど正確に再現したイラストではありません。当サイトの御利用で、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとしますので自己責任でご覧ください。

※ 当サイト内の画像・写真その他すべての無断使用、無断転載、転用を固く禁じます。