平屋スタイルで中二階を作ることが人気となっています。また中二階を作ることで収納スペースも増やすことができて便利です。平屋を建てたいが、広い収納スペースも必要と言う方は、中二階を作るとともに収納の問題も解決されてみてはいかがでしょうか。
中二階を作ったことによる収納のアイデアをご紹介します。また、中二階の収納のメリット、デメリットもまとめました。

群馬県太田市O様邸


こちらの家ではリビングから中二階へ上って行く階段が伸びています。廊下を作ることなく、リビングから直接中二階へ行くことができるような設計となっています。廊下を作るスペースも節約して階段をリビング内に直接作っているのはいいアイデアです。


平屋スタイルで中二階を作るメリットは、中二階が部屋になり二階のように活用することができることです。画像で言えば、階段を上ってリビングの後ろ側に広がるのが中二階です。中二階という、もう一つの空間が生まれます。


扉を開けるとこちらは中二階の下に広がる一階部分です。この一階部分の高さが1.4m~1.6mに抑えられていますので平屋スタイルの中二階はあまり高さがないというデメリットも軽減されています。下を収納などのスペースに使うことで高さのある中二階を作ることができます。

こちらの画像→群馬県太田市O様邸の詳細はこちら

群馬県伊勢崎市U様邸

 


こちらも平屋スタイルのリビングダイニングから直接階段を上って中二階に行くようにスペースを節約しています。天井までの吹き抜けのスペースに中二階を設置しているのがアイデアです。中二階のメリットは完全な個室ではありませんので、リビングを中心に家族でお互いにコミュニケーションが取れるのも嬉しいメリットです。


画像のように天井が吹き抜けで梁だけになっている場合ですと中二階に広いスペースが確保できます。キッチンの上に、これだけ長いスペースの中二階を作ることができるのは天井高のメリットです。

ここで寝たりするスペースにも活用できます。
中二階を趣味のスペースとして例えばスポーツやアウトドア用品を置いてここで趣味の時間を過ごしたりすることも可能になります。活用度の高い中二階となります。

こちらの画像→群馬県伊勢崎市U様邸の詳細はこちら

 


群馬県高崎市N様邸


こちらもリビングの階段から中二階へ行くことができます。階段を上ると中二階なのですが、リビングからオープンになり過ぎるというデメリットも考えられます。このデメリットを改善するために、中二階への階段上に棚を設置しています。

中二階が見えそうで見えないおしゃれな雰囲気を作ってアイデアを工夫しています。また階段下も収納に使っていて無駄がないアイデアとなっています。


こちらの画像は、階段を上った中二階の様子です。寛ぎの第二のリビングとして活用しているおすすめの平屋スタイルのお宅です。中二階の柵を細い木にすることで開放感のある中二階を作っています。

中二階は部屋として活用でき、その下の一階を収納として使うことができるのは便利です。中二階に二つ目のリビングを作り家具をたくさん置いたりするのもいいでしょう。下のリビングにはあまり家具を置かずにスッキリ、広々と使うのもおすすめです。

群馬県伊勢崎市Y様邸

 


こちらの画像は、中二階の部屋の下を収納に有効に使っている例です。こんなスペースがあると助かります。下のスペースを有効に使いましょう。

こちらの画像→群馬県伊勢崎市Y様邸の詳細はこちら

群馬県前橋市F様邸


このように中二階の下は天井高があまり高くないデメリットがありますが、収納に使うと広いスペースになり重宝します。また、リビング横からすぐにつながる収納スペースは出し入れがしやすく使い勝手がいいメリットがあります。

こちらの画像→群馬県前橋市F様邸の詳細はこちら


ここまで様々な中二階のある平屋スタイルをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。意外と思っているよりも広いスペースが確保できていることを画像で見て頂けたのではないでしょうか。

中二階は部屋として趣味を楽しんだりすることもできるスペースとなります。またその下は収納に有効活用することができるメリットが生まれます。
中二階をどこに作って上下をどう使うのかをしっかり考えて中二階のメリットを存分に生かしてみてはいかがでしょうか。


この記載のあるコラム記事は(一部のページを除き)、当社で建てたお客様ではない(全国の不特定多数の人から)体験談やアンケートを募集し、 これから注文住宅を建てる人にお役立ちアドバイスとして当ページで公開をしておりますページが多く含まれます。不特定多数の個人の感想や情報ですので、合法性、正確性、道徳性、最新性、適切性、著作権の許諾や有無など、その内容については一切の保証を致しません。また、イメージするためのイラストも掲載する記事がありますが、このイラストは正確なイメージではなく、書いていただいた文章を見て何となくイメージしたイラストになりますので構造的なイメージなど正確に再現したイラストではありません。当サイトの御利用で、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとしますので自己責任でご覧ください。

※ 当サイト内の画像・写真その他すべての無断使用、無断転載、転用を固く禁じます。