日本の住宅の平均寿命は25年と言われます。
しかし、群馬県伊勢崎市の長建産業では「長建LL工法」などを通して長年の耐久性を実現しています。

それは鉄骨構造の建物と同じ強度が自慢の工法です。
また、特に長建産業では地震に強いと言われる平屋の家造りにもこだわってきました。

30坪の土地の平屋でもデッドスペースを有効活用することで、広い収納スペースも確保できる魅力ある造りの平屋の家を提案しています。

さらに、地震への新技術『MIRAIE』を標準装備することを決定!しました。

ここでは、群馬県伊勢崎市の長建産業の平屋の家造りへのこだわりについて詳しくご紹介していきたいと思います。

平屋の地震力はどの位?

IMG_6995平屋の方が地震に強いと言われますが、その根拠についてまず考えてみたいと思います。

一つ考えられるのは、建物が地震で倒壊するかどうかと言うよりも、平屋の方が建物の重量が軽いので倒壊しても住んでいる人が助かる可能性が高いと言われます。

また、揺れは二階の方が大きいので建物が倒壊しなくても倒れた家具の下敷きになる危険性が大きいと言えるのではないでしょうか。

建物の強度と言うよりは、中の揺れ方が平屋の方が小さくてすむために、家具の揺れも少ないことが平屋の地震力とも言えそうです。

地震力測定方法へのこだわり

measurement-1長建産業では、住宅を建てる際に表面波探査による地盤調査をしています。

従来の多くの地盤調査のスウェーデン式サウンディング試験(SS試験)との大きな違いは、点ではなく面で地震力を調査していることです。

地面を実際に面で揺らして強度を数値で確認し、平均的な地盤強度を正確に測っています。

 

詳しくは「安心へのこだわり」をご覧ください。

平屋の地震力を高めるための素材と工法へのこだわり

str_image01そうした正確な地盤調査をし、家を建てることにこだわる長建産業では、LL構法特殊ジョイント金物を使用することで木造平屋住宅の接合強度を高めています。

強度や耐久性、施工性を高め長年の耐久性を持った鉄骨構造並の強さを可能にしています。

 

 

詳しくは「構造へのこだわり」をご覧ください。

地震への新技術『MIRAIE』を標準装備することを決定!

9

 長建産業では、新しく画期的な住友ゴムの先進技術「MIRAIE(ミライエ)」を
標準装備することを決定
しました。

最近はどこでどんな地震があるのかわからない時代です。それだけの準備をしておかなければいけないということでもあります。また、一度大きな地震があったら終わりというだけでなく、その余震にも悩まされる時代となってきました。

そこで長建産業では、新しく画期的な住友ゴムの先進技術「MIRAIE(ミライエ)」を標準装備することを決定しました。

これまで橋梁・ビルで多く採用されてきた確かな実績のある制震技術を新たに木造住宅用にも開発したものです。地震への耐久性が大事とされる今後に備えた新技術の採用となりますのでご期待頂ければと思います。

これまで家の「耐震」ということが叫ばれてきましたが、これからは「制震」を目指していくものです。「耐震」と「制震」の違いについてもまず理解して頂ければと思います。

詳しくは「地震への新技術『MIRAIE』」をご覧ください。new

平屋のデメリットをなくしてメリットのみを活かす!

enable_imageこうした構造の強さが柱を少なくし、平屋の限られた空間の中で、自由で開放的な空間を実現することにも繋がっています。

また、今までの住宅の床下や天井裏、屋根裏などのデッドスペースを見直して縦の空間を大事に使う事を目指しているのが長建産業です。

詳しくは「空間へのこだわり」をご覧ください。

平屋の収納力不足や全体的なスペースの少なさの解消。

平屋のメリットとして、長く住んで高齢になったとしてもバリアフリーで住みやすいという大きな長所があります。

さらに建築費も安く済みます。維持費や日常の掃除なども楽で、家族形態の変化によって、子どもが巣立った後の二人住まいでも平屋ならコンパクトに暮らせる良さがあります。

こうして最近、見直されてきている沢山の平屋の魅力を群馬県伊勢崎市の長建産業の住宅で、もう一度考えてみませんか。

施工事例を見る


※ 当サイト内の画像・写真その他すべての無断使用、無断転載、転用を固く禁じます。