日本は、地震大国と言われ、どこでどの位の大きな地震があるか予測がつかない状況です。

どこに家を建てるにしても、地震に対する強度を持った家を建てることが大きな課題とも言われます。

実際に、地震が少ないと言われる群馬県にも断層が3つほど存在すると言われ、地震被害を想定した家造りがやはり課題です。

群馬県伊勢崎市の長建産業の場合も、地震対策も念頭に、平屋や二階建ての家造りにこだわりを持っております。

ここでは、そうした群馬県伊勢崎市の長建産業の家造りへのこだわりをご紹介していきたいと思います。

平屋と二階建てで地震に強いのは?

style_image平屋の方が地震に強いと言われますが、確かに家の中の揺れ方は二階建てよりは平屋の方が少ないように言われます。

揺れが少ない分、家具が倒れる確率は二階建てより平屋の方が少ないということが言えそうです。
ただ、どちらにせよ、建物の強度と言うものが問われるのが事実ではないでしょうか。

 

群馬県産材の集成材で強度アップ!

bone_image

さて、家を作る際の材料となる木材についての強度を考えてみたいのですが、これまで群馬県産材を使用した集成材はありませんでした。

そこで、県産材の落葉松を使用した高耐久性集成材(長建ハイパーウッド) を構造材として使用することを群馬県伊勢崎市の長建産業では実現することに成功しました。

よく言われるのが、家は地元の木を使うのが理想だということです。
その土地の気候風土で育った木が家を造る際にも理想と言われ、群馬県産材の集成材は無垢材よりも強度性能が均一だと言われています。

 

 

 

詳しくは「材質へのこだわり」をご覧ください。

地震への強度、耐久性へのこだわり

str_image02また、材料だけでなく、LL構法特殊ジョイント金物を使用することで木造平屋住宅の接合強度を高めています。

強度や耐久性、施工性で長年の耐久性を目指しています。
このLL構法特殊ジョイント金物の使用によって、従来の木造住宅の接合部に比べて3.4倍の強度となっています。

木造住宅で弱いとされていた接合部の弱点をこの工法により、強度の高いものに変えています。

平屋も二階建ても構造へのこだわり

str_image01この長建LL工法は、接合部を強くし、強度を大きくしたという活気的なものですが、このことによって、平屋でも二階建てでも柱が少なくても強度のある造りを実現しています。

壁や廊下で細かく仕切らない広いワンフロア―のリビングなど空間の有効利用を可能にしています。スキップフロアを設けたり、縦の垂直方向への空間利用も特徴と言えます。

 

 

 

詳しくは「構造へのこだわり」をご覧ください。

地震への強度を考えたことで広い空間づくりや構造も実現!

ここでご紹介しましたように、長建産業のこうした材料と工法へのこだわりが地震への備えともなり、かつ住む人にとっての快適な広々空間の実現にもなっています。

平屋においても二階建てにおいてもその自慢の広々とした空間づくりが実現しています。


※ 当サイト内の画像・写真その他すべての無断使用、無断転載、転用を固く禁じます。