長建産業では、地震への新技術『MIRAIE』を
標準装備することを決定しました!

オープンイベントにて、MIRIEを体験!

  • MIRAIEなし

  • MIRAIEあり

弊社モデルハウスのオープンイベントにて、MIRIEの地震体験を行いました!

MIRAIEがあるとないとでは一目瞭然の違いです!

長建産業のお家はMIRAIE標準装備なので安心して暮らすことができます。

「制震」を目指す画期的な「MIRAIE(ミライエ)」とは

最近はどこでどんな地震があるのかわからない時代です。

それだけの準備をしておかなければいけないということでもあります。

また、一度大きな地震があったら終わりというだけでなく、その余震にも悩まされる時代となってきました。

地震の脅威は家が無事でも様々な損傷が発生、
補修に大きな費用が!

画像-地震の脅威は家が無事でも様々な損傷が・・

地震の脅威は家が無事でも様々な損傷が・・・

  • MIRAIEの特徴
  • 1揺れを最大70%吸収 優れたエネルギー吸収性能を持つ高減衰ゴムは、高層ビルや斜帳橋などの制限装置にも採用され、安全をささえています。実大振動台実験による。

住友ゴムの先進技術「MIRAIE(ミライエ)」
これまで橋梁・ビルで多く採用されてきた確かな実績のある制震技術を新たに木造住宅用にも開発したものです。
地震への耐久性が大事とされる今後に備えた新技術の採用となりますのでご期待頂ければと思います。

これまで家の「耐震」ということが叫ばれてきましたが、これからは「制震」を目指していくものです。

「耐震」「制震」の違いについてもまず理解して頂ければと思います。

『耐震』『制震』『免震』の違い

そもそもよく言われる「耐震」「制震」「免震」とはどんなことを言うのでしょうか。

「耐震」は、壁や柱など建物の構造自体を強化することで、地震に文字通り耐えられるようにした構造のことを言います。

また、「制震」は壁の中にダンパー等のエネルギー減衰させる装置を入れることで、地震のエネルギーを吸収してエネルギー自体を弱める構造です。

「免震」は、建物と地面との間に特殊な絶縁装置を置くことで、地震の揺れが建物に伝わりにくいようにすることです。

「MIRAIE(ミライエ)」の場合は、木造住宅でも「制震」を目指すという画期的な手法を生み出しています。

画像-住友ゴムの住宅用制震ダンパーMIRAIE(ミライエ)。GOOD DESING AWARD 2012

MIRAIの特徴

  • MIRAIEの特徴
  • MIRAIEの特徴
  • MIRAIEの特徴

震度6強の繰り返しの実験にも絶える力、実際に揺れが最大70%吸収・低減

阪神淡路大震災レベルの震度6強の揺れを想定した実験で、揺れを最大70%も吸収・低減したのが「MIRAIE(ミライエ)」のパワーです。また、このクラスの地震が連続5回続いても耐えられるという強度が自慢です。

なぜこのような効果が得られるのかと言いますと、建物の上層部と下層部の揺れが最大70%低減という実験結果が物語っています。「MIRAIE(ミライエ)」のゴムのダンパーによるエネルギー吸収性能の力と言えます。

画像-地震の脅威は家が無事でも様々な損傷が・・
画像-MIRAIEの装着方法

MIRAIEの装着方法

実際にどのように「MIRAIE(ミライエ)」が装着されるのかと言いますと、写真のように主要な天井と床がゴムダンパーによって支えられる構造になります。

これは、これまでの橋梁やビルを支えてきた実績のある工法が採用されものです。

また、「MIRAIE(ミライエ)」は高減衰ゴムを使用しているために90年経過してもほとんど性能が変わらない所も頼もしく、それも実験済みとなっています。

低コスト 設置ヵ所が少なく施工も簡単 低コスト導入 1階に4ヵ所設置するだけで制震効果が得られます。

  • X方向、Y方向への最適配置により、1階だけの設置で家全体を守ることができます。X方向、Y方向に、ダンバーが作用するような設置。1階だけの設置で十分な制震効果が得られます。また、間取りを考慮しながら、側端部配置と中央部配置という2種類の配置位置が選べます。免震システムと比較し、低コストで導入いただけます。
  • 画像-X方向配置、Y方向配置

「MIRAIE(ミライエ)」を装着していない場合、建物の上部が125.6mm揺さぶられていたのに対し、
33.8mmに減少しているという実験結果が出ています。

建物自体の揺れのことを考えるとこの数字は建物への打撃を大きく実際に軽減できているものと言えます。

詳しい性能につきましては、住友ゴムのMIRAIE公式ホームページでご確認いただければと思います。

メンテナンス性 長期に渡りメンテナンスは不要なので暮らしの負担とならない 90年間制震特性はほとんど変わりません。

  • X方向、Y方向への最適配置により、1階だけの設置で家全体を守ることができます。X方向、Y方向に、ダンバーが作用するような設置。1階だけの設置で十分な制震効果が得られます。また、間取りを考慮しながら、側端部配置と中央部配置という2種類の配置位置が選べます。免震システムと比較し、低コストで導入いただけます。
  •  
  • 画像-X方向配置、Y方向配置

※1:促進劣化試験の結果による(高減衰ゴムダンバー部分において) ※2:2014年3月当社調べ

たとえ住まいは無事でも修繕にお金がかかっては大変です。地震の揺れによる住まいの損傷リスクを軽減します。

  • 大地震後の補償費リスクを抑えます。地震の揺れにより損傷を受ける箇所は数多くあります。それぞれ補修が必要になった場合、高額な費用が発生する可能性があります。MIRAIEは地震の揺れを吸収、低減するので、住まいの損傷を軽減し、補償費発生リスクを低減することができます。◎ドア、サッシなどのゆがみ◎外装材の剥離◎窓ガラスの破損◎筋交いや補強金物等の損傷…など
  • 画像-筋交い用補強金物ビス抜け 筋交い・外壁損傷 ホールダウン金物損傷

長建産業は「MIRAIE(ミライエ)」を標準装備する事で、
安心をご提供したいと考えています。

1資産価値を守ります。大切な家・家財等のダメージを軽減します。2構造躯体を守ります。繰り返しの揺れから家を守ります。3倒壊から命を守ります。耐震構造にプラスすることで、更なる安心を。4地震後の暮らしを守ります。住まいの損傷を軽減するので、補修コストが抑制できます。5お孫さまの代まで家を守ります。抜群の耐久性で、長期にわたる安心を。

ミライエ公式サイトはこちら

このような地震による大きな負担を家に掛けないために、耐震構造を持った「MIRAIE(ミライエ)」を当社、長建産業では従来の「構造・断熱・空間・材質・安心」へのこだわりの構造に追加することにしました。「地震への新技術」を標準装備することにし、安心と補修費用の軽減を目指すものです。

最近の地震への恐怖は多くの人々にとって脅威となっています。一度に大きな地震が連続して起こることも考えられます。これを改めて考える際に、新しい技術を取り入れていくことを長建産業では目指しました。

耐震機能を追求することで、建物倒壊や損傷による補修費用を抑制、建物の資産価値を守ります。そして何よりも安心が得られるものです。新しい地震への対策として取り組み始めました「MIRAIE(ミライエ)」で多くの皆様が安心を得て頂ければと思います。

(注)本ページの内容はMIRAIEの情報を参考に書いておりますので、詳細な情報や、より正確な機能性や数値や情報はMIRAIE公式サイトをご確認ください。

 

お急ぎの方はお電話でどうぞ フリーダイヤル 0120-65-6363 営業時間10:00~18:00まで 水曜、祝日、第一、第三木曜日定休 資料請求はこちら

pagetop pagetop