群馬県産の唐松(集成材)を使った丈夫な骨組み。
長建産業は「ぐんまの木でいえづくり支援事業」で県産材を使った家づくりを応援しています!

画像-県産材の使用推進、地産地消の考え方

県産材の使用推進、地産地消の考え方

新世代型の木の住まいをお届けします。

地元で育った木材を使用することにより、海外から木材を輸入する場合と比べて、輸入時に排出されるCO2を削減することができます。 古来より同じ風土で育った木材を使用した家造りが、最も望ましいと言われております。 地元の林業が活性化され、山林の整備が進み、ひいては地球温暖化抑制に貢献することになります。その結果として日本一と評価が高い“群馬木の家づくり推進事業”より補助金を受けることが出来ます。

従来、群馬県産材を使用した集成材はありませんでした。弊社と製材所の共同開発により県産材の落葉松を使用した高耐久性集成材(長建ハイパワーウッド) を構造材として使用することが可能になりました。

家は地元の木を使うのが理想。群馬県産の唐松集成材を使用!

木も気候風土によって性質が違ってきます。

だから伐採されて建築資材になっても同じ気候風土に育った地元の木が一番なのです。

一般のムク材に比べ集成材の「強度性能(強度品質)」にはバラツキがほとんどありません。

長建の長期優良住宅にも採用されている「唐松集成材(長建ハイパワーウッド)」は、JAS認定工場で品質管理され耐久性、品質性能が保証されています。

画像-家は地元の木を使うのが理想。だから「長住朗」は、群馬県産の唐松集成材を使用!

pagetop pagetop